ホーム > ニュース > 本文

2016年、中国のクリーンエネルギー消費の増加

Feb 28, 2017

国家エネルギー委員会の第28回記者は、2016年に中国が積極的にクリーンエネルギーの選択肢を促進し、水力、風力、太陽光発電が世界初の超大国になったと伝えられました。 全国のエネルギー消費量は標準石炭の約43.6億トン、非化石エネルギー消費量は13.3%に達し、1.3%の増加となる。

2016年には、中国の総エネルギー生産量は約34.3億トンで、約5.1%減少しています。 総消費電力は約6,000,000,001,000ワットで、約5%です。 電力設備容量は16.5億kWに達し、容量ミックスクリーントレンド、非化石燃料発電容量の割合は36.1%、2%の増加です。

国家エネルギー委員会•ヌールベークリ女王、事務局長は、2016年の移管構造を指摘し、中国における変革、エネルギー供給のさらなる向上を促進した。 過度の容量の余剰石炭を解散することは、石炭火力発電プロジェクトの承認条件を持たない1240万キロワットをキャンセルすることを意味する。 石炭、石炭、電気、および2億キロワット以上の省エネルギーの安定した緑色で清潔な利用は、超低排出ガスの改善が1億キロワット以上です。